失敗しない分譲マンション選び

省エネルギー対策等級とは

省エネルギー対策等級とは、平成12年に施工された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」における性能表示事項の一つ。省エネルギー対策等級が高い建物ほど、建物の断熱性が上がり、冷暖房における電気代・ガス代を削減することができる。

省エネルギー対策等級は、下記の方法により計算される。

  1. 熱損失係数を求め、地域区分に応じた基準値と照らし合わせる
  2. 夏季日射取得係数を求め、地域区分に応じた基準値と照らし合わせる
  3. 結露防止対策に合わせて等級を判定する
  4. 上記1~3の内もっとも小さいものを等級とする

現在のところ、省エネルギー対策等級は1~4が設定されており、数字が大きくなるものほど省エネ性能が高いということになる。
省エネルギー対策等級は様々な助成や補助などの基準として使われることがある、たとえば2011年から適用される新住宅ローン「フラット35Sエコ」の利用紀伊順として省エネルギー対策等級4といった適用基準が定められている。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

省エネルギー対策等級の関連サイト

省エネルギー対策等級について関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

フラット35Sエコの利用基準

 

省エネルギー対策等級に関するQ&A・クチコミ

省エネルギー対策等級に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

長期優良住宅は安心でしょうか? 費用対効果はどうでしょうか? 一戸建の家を建てたいと思っています。建築条件付の土地を買って家は所定の業者で建 …
床暖の効果について。並んだ3部屋で、中央のみ設置しない場合、両端の部屋の暖房効果で中央部屋も暖かくなりますか?
住宅エコポイント、耐震等級、フラット35Sの省エネルギー対策等級などの証明について
新築にあたっての諸経費&付帯工事の相場 新築で建坪34坪の家を建てようと思い、話が進んでいます。 敷地面積は43坪です。 フラット35でのロ …
小上がりの和室(フラット35s仕様)について
省エネルギー対策等級4で耐震等級1の家と 省エネルギー対策等級1で耐震等級3の家でしたら 皆さんどちらを選びますか?
フラット35S 中古について
住宅エコポイント&それに関わる以外の優遇について
住宅建築について詳しい方教えてください!
新築戸建建築の現場監督の対応について
「「省エネ等住宅」とは、省エネ等基準(省エネルギー対策等級4相当以上であること、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上であること又は免震建築 …
新築木造住宅における壁の断熱材について教えて下さい。
住宅性能表示の「H25住宅省エネ基準の見直し等に伴う性能表示制度の改正」についてお伺いします。 ①H11年度次世代省エネ基準の省エネルギー対 …
住宅取得等資金の贈与税非課税制度について
造成の遅れで、復興支援住宅エコポイントが受けられない。不動産屋に過失はないのか?