失敗しない分譲マンション選び

難燃材料とは

難燃材料(なんねんざいりょう)とは、建築物で使う材料の中でも「建築基準法 施行令第1条の6」で規定される技術的基準に適合した不燃性を持つ材料のこと。難燃合板、難燃繊維板、難燃プラスチック板などが挙げられる。ただし、不燃性能に関するランクでは、不燃材料、準不燃材料に続く最下位となっている。

難燃材料には以下の基準がある。通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後5分間、1. 燃焼しない、2. 防火上有害な変形、溶融、亀裂その他の損傷を生じない、3. 避難上有害な煙またはガスを発生しないもの。以上の条件を満たした材料であり、さらに国土交通大臣から認可されたもの。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

難燃材料に関するQ&A・クチコミ

難燃材料に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

アスベストとコンクリートについて
JR九州「ななつ星」の客室使用材料について。
一級建築士の法規 内装制限について、 H24.09 1.「主要構造部を耐火構造とした延べ面積600m2、地上3階建ての図書館において、3階部 …
黒木目調ステアリング、インテリアパネルの難燃性不明による車検不合格について
準耐火構造・防火構造について。
薪ストーブを使いたい
不燃材料・準不燃材料・難燃材料などを使わなくてはならないケースを教えて下さい。
レゴのように、自分で何度でもつくりかえたりできる家ってできないでしょうか。
樹脂成形品に含まれる難燃剤に関し、お教え下さい。経年劣化(難燃性能の劣化)はあり得るのでしょうか? また、劣化するとして樹脂材料の違いで劣化 …
建築基準法第22条区域内サンルーム増築で佐久建築主事は◎ガラス屋根か◎大臣認定証付ポリカ屋根以外は不可!
車高の変更について
防火区画で配水管を貫通させる場合、難燃材料又は硬質塩化ビニルに覆いの必要な場合がありますが、そのような物が市販品であるのですか?
耐火構造と防火構造の違いは?
防火区画と屋内消火栓設備について質問です。
劇場などで布類を使用する際、防炎加工品の布の代わりに、難燃材料の布を使用することは防炎の規定上、可能なのでしょうか?