失敗しない分譲マンション選び

建ぺい率とは

建ぺい率(けんぺいりつ)とは、建築物が敷地面積に閉める割合のこと。建ぺい率については制限が課せられており、都市計画区域内では用途地域の種別におうじて建ぺい率の上限限度が定められている。

たとえば、建ぺい率が60%という場合は、敷地面積が50坪の場合には50×60%=30坪の面積までしか建物を建てることができない。建物全体の床面積「容積率」と一緒に語られることが多い。

ちなみに建ぺい率が定められる理由としては通風、日照(採光)などの確保や火災災害などが起こったときの延焼防止などが目的である。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

建ぺい率に関するQ&A・クチコミ

建ぺい率に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

5年後くらいをめどに、家を建てたいと思っています。
商業地域 準防火地域 マイホーム建築について教えて下さい!
友人の家の購入でアドバイスを求められましたが どちらがいいか 考えがまとまらなくて・・・
折込チラシや電車の中づり広告での分譲マンションですが、
以下のマンション建設計画の妥当性についてご教示いただければ幸いです。
分譲マンションを購入しました。マンション1Fのカーポートの横に自転車を置けるようになっているのですが、今は屋根がありません。
なぜ、自治体は地域活性化の阻害になるような分譲住居新築を野放しにしているのでしょうか? 商業施設を取り壊してまでの住居やマンション建設は活気 …