失敗しない分譲マンション選び

既存不適格物件とは

既存不適格物件(きぞんふてきかくぶっけん)とは、マンション等の建物が現在の法律や条令などにおいて不適格な部分が生じている物件のこと。建築基準法では原則として着工時の法律や条令に適合していれば建築できるので、その後の法律・条例の変更・追加・規制等により生じることがある。

既存不適格物件はそのまま使用する場合には問題なく使用することができるが、高さ制限などが新設された場合、増築や改築を行う際には現行の法令に適合するように原則として建築する必要がある。既存不適格物件が生まれる背景には、用途地域の変更、日影規制の導入、高さ制限から容積率制限への変更、耐震基準の変更などが多い。

なお、既存不適格物件が販売される場合には、重要事項説明書において必ず記載しなければならない。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

既存不適格物件に関するQ&A・クチコミ

既存不適格物件に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

新築マンションの購入を検討していて、現在ある物件の購入意思があることを売主に示している段階なのですが、心配な事があります。
マンションの管理組合理事長をしています。
もともとある非常灯でも、不要と判断できれば使用不能のままにしておいていいものでしょうか? 小さな3階建てマンションで避難階である1階のエレベ …
築38年の大規模マンションに投資価値はあると思いますか?
容積率が足りないため既存不適格のマンションに住んでいます
自分の住む分譲マンションの駐車場にて、賃貸借契約を解除、明渡要求され、追い出されました。
芦屋市の既存不適格マンション購入について 皆様、お知恵をかしてください。築37年(1972年築)で震災で半壊し、取り壊ししようとしたものの「 …
建築物の耐震改修の促進に関する法律・建築基準法にに関する事で
中古マンション 購入について
傾斜地マンション(=崖地マンション、地下室マンション)の分譲マンションを検討しています。傾斜地マンションを購入された方、すでにお住まいの方、 …
うまく補足ができませんので再度の質問です
高さ制限のない時代に建設され、法改正により既存不適格建築物となったマンションについて今後の(建て替え等の)諸問題の解決法って何かありませんか …
自分のマンションが既存不適格かどうかは、どうやって分かるのでしょうか。
既存不適格建築物へ融資してくれる銀行を教えてください
昭和61年の鉄骨5階建て570㎡のマンションを持っている