失敗しない分譲マンション選び

アウトフレーム工法とは

アウトフレーム工法(Out Frame)とは、マンションなど建物の建築工法の一つ。柱・梁などのフレームを屋外に出すようにした設計のことでアウトポールとも呼ばれる。従来の工法では、室内に柱や梁が出っ張ることからデッドスペースになるなどの問題があったが、アウトフレーム工法により室内側がスッキリする。

一般にはバルコニー側の柱型を外に出すことが多い。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

アウトフレーム工法に関するQ&A・クチコミ

アウトフレーム工法に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

10階ベランダでの家庭菜園【強風・日当たり】
ハイサッシの横長リビングのカーテンについて。レースをミラーシェードにするか普通のレースにするか。
新築マンション 買い時が見送りか…
マンションの梁について質問します。色々調べたのですが一般的には順梁、順梁アウトフレーム、逆梁、逆梁アウトフレーム工法などあるみたいですが採光 …
南向きのマンションについて。日当たりが良いとされていて価格も高く設定されていますが、ベランダ幅が2mもある最近のマンションでは真冬を除き、昼 …
マンションの最近の工法
最近のマンションはアウトフレーム工法がおおいですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マンション価格は高い。。。
マンションの最近の工法
マンションって築10年が狙い目じゃないですか・・・・・・・・・・・・・
アウトフレーム工法によりベランダが2m程あります。