失敗しない分譲マンション選び

重量床衝撃音とは

重量床衝撃音(じゅうりょうゆかしょうげきおん)とは、床に対する衝撃音の種類。椅子などの家具を動かしたときの「ギー」「ゴトン」といったような音のこと。子供が走り回る音も重量衝撃音になる。対義語は「軽量床衝撃音」

遮音効果を高めるには床の材質がより固いほど高く、またコンクリートスラブが厚いほど高くなる。ただし、スラブの面積が広くなると太鼓現象が起こるため、その場合はおよそ25平方メートルに1つ以上の小梁を入れる必要がある。
遮音性能を評価する指標は「LH-数字」で表され数値が低いものほど遮音性能が高くなる。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

重量床衝撃音に関するQ&A・クチコミ

重量床衝撃音に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

マンションの防音対策
分譲マンションの遮音等級と、実際の聞こえ方について。
マンションの床下への遮音対策リフォームについて
スラブ面積とは何ですか? ↓の説明では、わかりません 。 専有面積のことですか?つまり、狭い部屋ほど遮音性能が上がる、ということですか? ス …
床の遮音性能の「L値」と「Lr値」の意味、違いについての質問です。
床厚 150mm(二重床あり、なし)壁厚150mm、のワンルームマンションの遮音性能はどんなでしょうか?やはり、足音や洗濯機の音など重量床衝 …
1)壁の透過損失は、その面密度が大きいほど大きくなるの意味。透過損失に関する質量則の説明
デートの後のお楽しみは?最終章
重量床衝撃音の等級(LH等級)は、設計段階で精度良くわかるものでしょうか?
乾式遮音二重床というのはコンクリートに直床張りより防音はかなり効果的ですか?
これまでの情報と設計図から部屋の防音性がどの程度か、分かる範囲で回答お願いします。