失敗しない分譲マンション選び

軽量床衝撃音とは

軽量床衝撃音(けいりょうゆかしょうげきおん)とは、床衝撃音の一つで、代表的なたとえはスプーンを床に落としたような高い音のこと。ほかにもスリッパで歩くパタパタといった音も軽量床衝撃音に含まれる。対義語に「重量床衝撃音」がある。

遮音性能を高めるためには床の構造を直床から二重床にすることや、床の上にカーペットなどを敷くことにより緩和することができる。ちなみに、この軽量床衝撃音に対する遮音等級は「LL-数字」で表される。数値が小さいほど遮音性能が高い。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

軽量床衝撃音に関するQ&A・クチコミ

軽量床衝撃音に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

マンションの防音対策
床の遮音性能の「L値」と「Lr値」の意味、違いについての質問です。
賃貸の騒音について質問です。
分譲マンションの遮音等級と、実際の聞こえ方について。
電子ピアノの打鍵音対策について質問させて下さい。
軽量鉄骨造の1Fマンションに住んでいます。
乾式遮音二重床というのはコンクリートに直床張りより防音はかなり効果的ですか?
壁の衝撃音測定をされたご経験のある方、もしくは方法をご存知の方、お教えください。
防音マットの効果ってどんなものでしょうか?
重量床衝撃音の等級(LH等級)は、設計段階で精度良くわかるものでしょうか?
1)壁の透過損失は、その面密度が大きいほど大きくなるの意味。透過損失に関する質量則の説明