失敗しない分譲マンション選び

含水率とは

含水率(がんすいりつ)とは、物質が含んでいる水分のこと。含水率100%の場合は、物質の重量と含んでいる水分の重要が同じという意味になる。建築の場合には、使用する木材やコンクリートなどが含んでいる水分のことを指す。

木材の場合、乾燥している(含水率)が低いほど強度があるとされる。中でも建築においては含水率が10から13%程度が最適水準であるとされている。対して、含水率が高くなると強度が落ちる上、20%を超える場合には木材腐朽菌やシロアリなどによる被害が出やすくなるとされている。

失敗しない分譲マンションの選び方

  

含水率に関するQ&A・クチコミ

含水率に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

木材の性質にていてお伺いします。
【 ひ と り ご と ( 長 文 ) 】 建築基準法・建築士法の順守について、 現実との乖離についてどう思われますか? 建物建築の際には …
お願いです 誰か教えてください
「建築中の住宅の基礎部分に白カビが発生したニュース」についてのネタ元を教えて下さい。
(長文になります)
市産材補助金制度で行政の在り方に怒りを感じています。 始めての投稿でシステムが良くわかりません 誤字脱字、お礼のコイン等失礼がありました …
我が家は適正価格ですか?
木造住宅で無垢材と集成材を適材適所で使い分けているハウスメーカーがありますが、なんで使い分ける必要があるのかネットで調べてもよくわかりません …
築5年の注文住宅、壁に数箇所ヒビが今まで有り、第三者での相談先はないでしょうか?
建築の材料についての質問です。
住宅の仕上床材(無垢)で含水率は何パーセント以下が好ましいですか?
住宅にかかわらず木材の話です。
【南朝鮮】南大門復元はデタラメな木材使用…柱や軒に大きなひび割れ