失敗しない分譲マンション選び

住宅品質確保促進法とは

住宅品質確保促進法(じゅうたくひんしつかくほそくしんほう)とは品確法とも呼ばれる住宅に関する法律。この法律においては「住宅性能表示制度」「紛争処理体制」「瑕疵担保責任」の三つを柱として2000年に施工された。

・住宅性能保証制度
住宅を新築、購入する場合に、住宅の性能を他の住宅と比較できるようにする制度のこと。統一された基準で住宅性能を表示する仕組みとなっている。当初は新築住宅のみであったが、2002年には中古住宅でも性能評価を受けられるようになった。

・紛争処理体制
住宅性能保証制度における評価とその実際に乖離があった場合などのトラブル解消のために、調停などの紛争処理を行うと言うもの。

・瑕疵担保責任
住宅の不具合や欠陥などの「瑕疵」があった場合、施工業者はこの瑕疵に対して無償保証・賠償責任を建築後10年間負う。住宅の基礎や柱、床、屋根などの基本構造部分が瑕疵担保責任の範囲となる。これをバックアップする制度として「住宅性能保証制度」がある

失敗しない分譲マンションの選び方

  

住宅品質確保促進法に関するQ&A・クチコミ

住宅品質確保促進法に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

築6年、木造住宅雨漏り。
工事請負契約書(注文住宅)条文について
法律関係詳しい人お願いします。
地震対策とか何とか大げさに騒いでおきながら・・・
平成4年から1年弱の間で家をたてましたが、最近外の土台にひびがありました。業者にて地盤調査をしましたら、レベル3でした。業者は100万のとこ …
新築の賃貸マンション用ビルです。工事請負(受注)者は一応、工事期間内に完成させたのですが、発注者たる施主の方では、不具合を理由に完成を認めな …
お願いします。不動産、建築関係に詳しい方教えてください!
中古マンション購入にあたっての質問です。
住宅品質確保促進法について質問です
住宅の品質確保の促進等に関する法律(品格法)の10年保証について
引渡し済み新築住宅の住宅瑕疵担保責任を新制度「保険または供託」の保証に移行(加入?)させることは可能か?