失敗しない分譲マンションの選び方分譲マンション・住まいの用語辞典>家の土台と構造材について あるローコストメーカーで家を考えていますが、土台は3.5寸の米栂 …

失敗しない分譲マンション選び

家の土台と構造材について あるローコストメーカーで家を考えていますが、土台は3.5寸の米栂 …

集成材に関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 集成材 についての詳しい説明は「集成材」をご覧ください。

失敗しない分譲マンションの選び方

2011年10月26日 Q.質問
家の土台と構造材について あるローコストメーカーで家を考えていますが、土台は3.5寸の米栂、通し柱は4寸の集成材、構造材は3.5寸の集成材とのことです。元々営業からも構造に関する説明もろくになかったので、問いただしてやっと回答がありました。 3.5寸の土台に4寸の通し柱(小さいものに大きなものが上に乗る)というのがどうしても納得いかないのですが、この業界では一般的なことなのでしょうか? あと、土台の米栂というのも耐久性、吸湿、シロアリなど優れていないようなので気になります。 耐震等級3も取得しますと営業は言っていますが、3月の東北の地震では2800ガルの加速度なので、そんなのは気休めで、実際は耐えられない家も出てくるという意見も大手ハウスメーカーの担当者は言っています。 自分の会社のものを良く言うのは分かるのですが、一般的にどうなのか、知識のある方のご意見お待ちしております。

 

2011年11月10日 A.回答
2,800ガル? この数値なら「耐震等級3でも、倒れます!」 多分、日本中の建物”スカイツリー”も含めて残りません! そんな”とてつも無い数値”が今回「陸上部」で出ましたか? 計測された過去最大の”数値”は「中越地震の際の、 おじや市周辺の1,400ガルが、今のところの最大値です」 (1,400ガルなら、等級3でも”大きな被害は免れません”) 3.5寸の土台に、通り柱のみ4.0寸は珍しくはありません。 (多分、菅柱は3.5寸角のはず) 木造の建築物は「引っ張り力」に弱いので、金物でシッカリと ”緊結”されている事が、とても重要です。 壁倍率は勿論の事、床剛面の強さ(壁倍率で言えば3.0以上)も 欠かせません。 元々「ローコストハウス」で建てている訳ですから”どこかに我慢”が 必要になります。 間取りに制約があったり、使用材料が決められていたり、 「まったく同じ物で”価格だけ2割安い!”はずはありません!」 「検討段階で”不信感”がある様なら」これから先が思いやられるので、 ”ローコスト”では無い所を「選ぶべきだと思います!」 参考までに。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。